「ほっ」と。キャンペーン

KOK終了

KOKが終了。
終わりました。輪入道に負けました。

前回優勝してから1月8日輪入道に負ける瞬間まで自分では気付いていなかった重圧みたいなものが肩に乗っかっていた事に気づいた。
負けが決まった瞬間に肩の荷がスーッと降りてめちゃくちゃ爽快で、あれ?12時間寝たのかなくらいスッキリしていた。
正直俺はヒップホップシーンとかリアルとかバトルシーンとか全く興味なかったし、俺は俺と思って自由にやってきたつもりだったけど実は勝手に何かを背負っていた。

ツイッターとかでフリースタイルブームとかを腐す関係者多かったけど、そういうのも「自分がリアルと思うなら自分がやるべき事やってりゃいいのになー。恥ずかしくないのかな。」と冷めて見ていた。

俺自身はそのいわゆるフリースタイルブームやヒップホップシーンとは関係なく、自分はそこから離れたとこにいる存在だと自覚していたはずだった。

でも負けた瞬間にそうじゃない事がわかった。
勝手にそれは背中に乗っていた。
俺は渦中にいた。

でもそれも消えてなくなった。





1月8日11時、俺は三郷にある湯けむり横丁にいた。
ゆっくり露天風呂に浸かっていた。
そして風呂から上がった俺は体重計に乗り、年末かかったノロウイルス前よりまだ4キロ痩せている事に安堵していた。
そしてドライヤーで念入りに髪を乾かした。
俺は坊主だけどドライヤーで乾かさないとすぐに頭が痛くなるデリケートヘッドだからだ。

それから湯けむり横丁で昼飯を食べた。
よし、ゲンでも担いでトンカツを食べよう!と思ったがメニューを見てたら納豆とネギトロとトロロとオクラが入った彩り丼みたいなのに心を奪われそれを注文し、丼にネギトロが入っているにも関わらずネギトロ軍艦を頼んだ。

ネギトロが乗った丼とネギトロ軍艦がテーブルに運ばれてきてその光景を見たときに「今日の俺は冷静じゃないな」と感じた。


昼食も終わり和室の休憩スペースでほんの少しだけ睡眠を取った。
大体13時。
友人から連絡があり車で行くから乗せてってやるよとの事で合流し有明へ。

俺の入り時間は15時だったが13時40分頃には有明に着いていた。

会場入りした。



死ぬほど暇だった。


そして15時を過ぎて続々とエントリーMCが集まってきて対戦カードの発表や動線の確認等を行った。

楽屋は和やかなムードだった。
呂布くんが名古屋だから和やかだったのかな。

バトル開始直前。
腹が痛くなりトイレへ。
用を済ませトイレのドアを開けると思いっきり上野さんが順番待ちしていた。
オイニー問題があったので少し気まずかったから多少上野さんと会話して時間を稼いだ。
このオイニーをバトルで当たった時に言われたら堪らないなと思って。


そしてバトルスタート。
会場も盛り上がってる。

1回戦がどんどん進み自分の1回戦も終わり楽屋に戻る。
気づく。
1回戦ほぼこっちの楽屋のMCが勝っていた。
ACEやガドロ、呂布くんに裂固、輪入道に俺。
何故か楽屋対抗戦のように俺は同楽屋のMCを無意識に応援するという謎のメンタリティを出していた。

少しづつこちらの楽屋もピリつき始める。同楽屋での潰し合いが始まるからだ。

結果ベスト4に残ったのは同楽屋のACE、ガドロ、輪入道、俺。

そして俺の準決勝。
相手はこの日1回戦から勢いが凄かった輪入道。

俺は1、2回戦共に正直勝ちにスッキリしていなくてモヤモヤしていた。

準決勝、ACE対ガドロを舞台裏から聴く。
ガドロが勝った。ACEも全然良かった。

そして俺と輪入道。
ステージに上がった瞬間、スイッチが入った感じがした。
もしかしたら今日もいけるかも知れないと。
輪入道の土俵で仕掛けてみた。
結果。。。








負けたーーーーーーーーー!!完封負けーーーーーーーーーーー!!!誰も俺に旗上げないーーーーーーーーーー!!!!旗の色綺麗に真っ青ーーーーーーーーーーーー!!!!
今日もいけるかもって思ってたメンタリティ恥ずかしいーーーーーーーー!!!!!


ということで輪入道に打ちのめされました。
でもめちゃくちゃ気持ちのいい負け方だったので何の悔しさも無くステージ降りる事出来ました。
e0271116_11531305.jpg


そして決勝ではさらにその輪入道を破ったドロッチことガドロが優勝。
おめでとう!!

楽屋では結構天然出してたけどステージ上のガドロは勝者のオーラ出てました。


これで俺のKOKが終わりました。ありがとうございました。

応援に来てくれた地元の先輩や友達、後輩、大脱走のメンバー(TKは来ず)や支えになってくれた人達、すいませんでしたとありがとうございました。

地元の奴等には終わってからメシ食いながら散々な駄目出しくらってたけど負けて2時間後には笑い話に変わってました。


これからはバトルは少し選んで出て行きます。
バトルに勝ってバトルに呼ばれるっていう流れからは身を引きたいなと思ってます。
戦極の吉田さんと俺には明確な主従関係があるので戦極には呼ばれれば出ます。
他は考えます。


KOKに前回勝ってやっとスタート地点に立ったなという感覚で色んな仕事振って貰って忙しくなって、更には9sariから推薦でダンジョンにも出れてそこから更に忙しくなってCDも当初の予定から10倍近く売れて、本当にいい経験させてもらいました。
感謝です。
漢さんダースさん、三浦ちゃん、ワタナベ君等関係者の皆さんありがとうございました。

思えば前回優勝した時は、北関東予選前にダースさんから「エントリーしなよ!そろそろ自分変えなきゃ!」みたいな誘いがあってエントリーしたのを思い出します。感謝です。

そしてお疲れ様でした。



全国あちこちにライブやら何やらで呼んで貰った。でもやっぱり感じたのは呼んでくれるのはフリースタイルブームの中にいる人だから呼ばれてるっていう感覚が現地に行くと強かったです。
俺のCDとか聴いてくれてとかで呼ばれてないなと感じる事も多かったから、今年からは制作とライブの質を上げてしっかりと崇勲のライブが見たいと思わせて呼んで貰えるように精進していきます。


そしてそして今週は待ちに待った九州3連チャン。

13日 久留米FLAVOR
14日 博多VOODOO LOUNGE
15日 熊本TE:D

チコとナイカとワットワンと俺で向かいます。
その翌週はナイカと沼津。

是非来てね。
e0271116_11531744.jpg
e0271116_11532187.jpg
e0271116_11532260.jpg
e0271116_11532536.jpg
e0271116_11532741.jpg

[PR]

# by kuchibuil4951 | 2017-01-10 11:47

NAIKA MCおめでとうございます

2017年になりましたね。
喪中の時って挨拶していいのかどうかわからないのでとりあえずはやめときます。

本当はブログなんて1月末くらいに書けばいいと思ってたんだけど、2016年末の年末、最後の最後に素晴らしい情報が飛び込んできたので。
あとは近所の小学生の子供達が昨夜急にウチのピンポンを鳴らしてきて玄関先で話してたんだけど
「お前何で昔からの友達がやっとの思いでUMB優勝したってのにブログ書かねーんだよ、ひと言でいいから祝ってやれよ」
とか言われて
「いや、TwitterとかInstagramで祝ったよ。」
って返したんだけど
「TwitterとかInstagramで本人宛にするわけでもなく自己完結で祝福とか呟いてるやつってのはなぁ自分に酔ってる自意識過剰野郎だけなんだよ!わかる?なんかいい人ぶって“ナイカおめでとう、やっとだね”とか投稿してる奴ってのは“仲間の幸せを妬み僻みなく素直にお祝い出来る俺ってどうよ?”って心理の現れ以外の何ものでもないんだよ。Twitterで“○○さん、お誕生日おめでとうございます!”とか呟く奴と一緒、本人に直接言わないで独り言のように呟いて満足してるなんてのは自己陶酔型ナルシストパッパラパーの典型だよ」
と言われとりあえず皆で公園に移動した。
言われた事に心当たりもあったので少し反省もしたんだけど冒頭に“お前”って言われたのが頭に来て取っ組み合いの喧嘩になってしまって本当は昨日ブログアップしようと思ってたんだけど俺の右目が開かないくらい腫れ上がってしまっていたので今日になってしまいました。
すみませんでした。

あ、あと正月暇なんで。


UMBでNAIKA MCが優勝。
凄いですね。
俺も観に行こうかなと思ったんだけどその前の日から家に帰ってなくて服もパンツも替えてないしお風呂も入りたかったのと、AsOneで会えるからいいだろうという気持ちとでそっちは無念し家に一旦帰った。

にしてもあがりました。

お風呂に草津温泉の入浴剤入れてゆっくり浸かってから出たところで携帯にチコから着信が入っててかけ直してみたら「ナイカさん優勝したっすよ」って言われた。
嬉しかったねぇ。
e0271116_10261770.jpg

(左:俺 中央:ナイカ 右:この日の山人音楽祭の為にわざわざ群馬まで観に来てくれた練馬在住の方)
俺がナイカさんを初めて見たのは約10年前の春日部INGという箱で。
俺は第三の唇というクルーで出てて彼はその日のゲストライブ。
とにかくライブが格好いい人だなぁという印象だった。
その頃はまだ今のように会話をする事も無かった。
それからまたしばらくしてからUMB2009のリベンジの時に再会したんだけど、そのリベンジがオープンする直前に箱の前でなんとなくダベっていた面子が何故か北関東の面子で。
俺とTKとハッピーライフドタマホームことドタマとガッティ、そしてナイカさん。
偶然そのメンバーで話していて。
俺はその時はまだナイカさんは寡黙でクールな人間というイメージを持っていたんだけど彼はその輪の中心でずっと、長野にライブしに行ったんだけど慌てて家を出てきたから履いていった靴が右足と左足で全然色違いのものを履いていってしまって恥ずかしい思いをしたというのを嬉嬉として話していた。

よく喋る人だなぁと思った。

その姿を見て彼へのイメージがガラッと変わった。人間味のある人なんだなぁと。俺は昔からなんだけどラッパーラッパーした人が苦手で、クールぶった人とか全然駄目で。
今もそうなんだけど。
ヒップホップの事しか話せない人とか苦手で。
だからクラブも未だに苦手で。
まあいいかその辺は。


でもその日で凄い彼を好きになった。
仲良くなって群馬に呼んでもらう事になって。
TKがその頃からずっと俺にしきりに
「高崎行くと面白いですよ、帰りたくなくなるんですよ」って言ってて。

2009年。初めての高崎。TKと呼んで貰ったんだけどTKが言ってた意味がその初めての高崎の一晩で理解出来た。

ナイカさんを築いた土壌である群馬のシーン自体が温かくて人間味ある人達ばかりだった。

凄いその群馬の一体感を羨ましく感じたのを思い出す。
俺は春日部で活動してて、春日部は埼玉なんだけど実際俺は埼玉のシーンという枠の中では活動出来ていなかったし繋がりも全くと言っていいほどになかった。
俺が埼玉レペゼンと言わずに春日部レペゼンとしか言わない理由はそこなんだけどナイカMCは完全に群馬をレペゼンしていた。
全員が全員群馬を盛り上げようという意識が無意識に出ていた。

だから彼が数年前UMBの全国に出始めてから群馬のシーン全体が彼を純粋に応援している光景も羨ましかった。

俺とは全然違った。

でもそれが彼が長年築いてきたものである。


彼の優勝は群馬のシーンの優勝でもあると思います。
全国各地のバトルに単身群馬から戦い続けた男の執念は素晴らしい。

前回のチコは超新星みたいな空気というか新たなスターが勝ち取るっていうまあ美しいストーリーというか。
今回のナイカさんは長年背負ってきたものの大きさで勝負していく泥臭いストーリー。
俺がKOK獲った時はチコと同じ超新星枠。


とにかくおめでとうございます。
同い年で続けてる数少ないMCの一人。
という俺にとっては数少ない友達の一人。

やっときましたという感じで本当に祝福出来る人が優勝してくれた。


ナイカさん、群馬の皆さんおめでとうございます。

2017年1月はそんなナイカさんと4箇所ライブ一緒です。
面白くなるはず。

UMB後のAsOneではそんなナイカさんとドタマンハッタンことドタマと決勝で当たりました。
今回のAsOneは緩くやろうと思ってたけど結局熱が入っちゃいました。

UMB全国を制して最高の空気を纏い、会場的にも圧倒的に後押しのムードを背中にしたナイカさん達を倒し俺とTKが優勝しました。

AsOneもお祭りで楽しかったです。
去年末のAsOneは出れなかったんだけど。

2014年末の優勝以来2回目のAsOne優勝。
春日部ヘラクレス。
AsOneは勝ち負け意識したことあまり無いんだけどTKと組めばあまり負けると思わない。
でもいい年末でした。
ナイカさんが獲った日に俺達も獲る。
e0271116_10262091.jpg
e0271116_10262316.jpg
e0271116_10262829.jpg

そして前回の春日部ヘラクレス優勝の時もそうだったけど春日部ヘラクレス優勝しても圧倒的に誰にも祝福されないという。冷製パスタみたいにみんな冷たかったなぁ。
まあ交友関係の狭い私のせいでしょう。
上等上等。

太華さんシャーリーさんたかこりん、ホタカくん始め皆さんお世話になりました。
PAのナオミさんも久しぶりに会った。
BOSSさんも来てくれるのかなと思ったけどどうやら面子を見て危ない事になると感じて来るのをやめたって言ってました。

日比谷観に行く。

あ、あと大晦日の口迫歌合戦観てくれた人ありがとうございました。
あの日はドタマの勝利への執念の為にも勝たせてあげたかった。
彼と事前に電話で話して色々語ったんだけど。
放送はまだ観れてないんだけどトリのバトルは興奮しました。あんなに人のバトル応援したの初めてだった。
楽しかったね。
俺はノロウイルス治りかけで体力があの日キツかったんだけど。
お祭りでした。
e0271116_10263074.jpg
(スクショして送ってくれた写真)




そしてそしてそして最後にナイカさん改めて優勝おめでとうございます。

年始めのライブは1月5日新宿タワーレコードにて21時からチコとTKと俺のインストアライブから始まります。
無料なので是非観に来て下さい。
[PR]

# by kuchibuil4951 | 2017-01-02 10:11

2016年振り返り思い出ランキング

今年も色々あって今までより色んな場所に行って色んな人に会って色んな感情が心を彩った1年。
そんな2016年を振り返り思い出ランキングとして発表していく。

第10位
戦極で島根に行くことになったが、飛行機の時間の都合上羽田空港付近で前泊しないといけない状況になり吉田さんと八文字と前泊したホテルでツイキャスをした事件。

第9位
戦極で島根に行き、イベント後吉田さんと八文字と飲みに行こうとしたら大雨過ぎてホテルの横の居酒屋で軽く飲んだだけで、しかもそんな飲んでない吉田さんがちょっと頭痛いみたいな事言い出して結局ホテルに戻ってツイキャスをした事件。

第8位
フリースタイルダンジョンで隠れモンスターとして出た回、ダースさんとの試合で俺が「ミラーボール」というワードを出してしまいその時上を見たらミラーボールが無かったので慌てて「ミラーボールは無いとか突っ込むなよ」とラップしたのだが、バトルが終わりステージ照明が少し落ちてから上を見たらでっかいミラーボールが普通にあった事件。なんなら北半球で1番デカいんじゃないかってくらいのミラーボールが付いていて2度恥ずかしくなった事件。

第8位
NAIKA MCの「パーティー等でその日初めて会った時のKBD」の物真似が激似過ぎた事件。高崎駅付近でこの物真似を見たが大阪までの新幹線で4度は思い出し笑いした事件。

第7位
宮崎に行った時におぐらのチキン南蛮にぶーちゃんに連れていって貰ってダースさんと3人で食べてたら奥の方の席の男性が一眼レフカメラをこちらに向けていると思い「パパラッチですか。。。やれやれ。。。」と苦笑いしていたら全然俺の勘違いだった事件。普通にスルーされた事件。

第6位
夏に宇都宮のSIGNALというパーティーに呼んで貰った時、オーナーさんの部屋でオーナーさんが大量の餃子を買ってくれて食べていたんだけどその時一緒のゲストだったDOTAMAは1個くらい食べてすぐ部屋を出て行ってしまい俺はその分大量に食べまくってライブやる頃にはビッグゲロを吐きそうな状態だった事件。

第5位
ガジさんのおもてなしが凄すぎる事件。宇都宮の翌日が桐生でのイベントだったので前泊でガジさん宅に泊めてもらう事になったのだがお出迎えから美味い飯から接待麻雀からさらには家に着いたら俺用の布団までガッチリ敷いてあって朝飯までご馳走になる事件。

第4位
母親から「あんたのセカンドアルバム何枚か頂戴」とメールがきた事件。まず俺はセカンドアルバム出してないし、母親もセカンドアルバムってワードを人生で初めて使ったと思われる事件。

第3位
会津若松にライブに向かった際、DJミカーフィと車で行ったがミカーフィがTSUTAYAで借りてきたというJ-POP MIXのCD(2枚組)を聴いていたら、確かにヒット曲はたくさん流れてきているのだが歌ってる人が全然ご本人じゃなくて違う人が全曲歌ってるMIXだった事件。

第2位
先日行った大阪美原JOINTの楽屋が30畳くらいの馬鹿デカい和室で有意義過ぎた事件。

第1位
山人音楽祭という群馬のデカいロックフェスで山人バトルに出たのだが1回戦で上野さんに負けたのに何故か結果準優勝になっていた事件。GOLBYは4位。出演者専用フードコートなんかもあって凄かった事件。ライムスターと初対面。
e0271116_13305136.jpg
e0271116_13305372.jpg
e0271116_13305605.jpg
e0271116_13310142.jpg
e0271116_13310307.jpg
e0271116_13310682.jpg
e0271116_13310992.jpg
e0271116_13311328.jpg



あとは次点で
吉田さんとのメールの頻度が増えた事件。ってのがありました。

あとは感謝ランキング1位は宮崎で飛行機の時間に間に合いそうもない我々を拾ってわざわざ空港まで送ってくれたカップルの方。俺が携帯ナビで道案内してたら空港の裏側の資材置き場みたいな所に着いて車内の空気が冷製パスタみたいになったこと。いい思い出です。


皆さんまた来年も宜しくお願いします。
[PR]

# by kuchibuil4951 | 2016-12-23 13:21

2016振り返りラフバージョン

毎日ブログ更新してるつもりだったけどかなり期間空いちゃいましたね。
毎日ブログはつけていたんだけど、全部目を瞑りながら書いてたから出来上がったの見たら何が書いてあるかわからなかったから全部消して今は目を開けて書いています。
e0271116_12381129.jpg

2016年も残すところ数日。

今年は人生の中で1番激動の年でした。そして1番忙しい1年。

ハイライトがたくさんあり過ぎて選べないけど1番印象深かったのは埼玉の志木でのライブ。
ステージに向かって風が吹くエアコンのカビかなんかにやられてライブ開始早々から最後まで咳き込みが止まらなくなってしまって、一旦止めて貰って色々処置はしたんだけど結局駄目で2,30分咳き込み続けながらライブしたこと。
リハーサルの時は何ともなかったのに。。

あんなに冷や汗をかいたライブは後にも先にもあれくらい。
喉へのケアをその時からより強く気にするようになった。

あと今年で思い出深いと言えば昨日、ヤーボが働いてるアパレル店に行ったわけだけれど、彼が一応あれこれ持ってきてくれる中から選んで買ってたの。

で自分が選んだものも値段足してったらかなりの額いっちゃってたしそろそろいいかなと思ったら彼が最後に
「ジョガーパンツとか履いたら?」
と持ってきてくれた。
俺は「あ、こういうのもいいかも」とすぐ試着室へ。
そしてそのジョガーパンツを履き終わり試着室の扉を開けヤーボに見て貰ったら
「今すぐ脱いで」と言われた。
「そんなに面白体型だったっけ?」と言われた。
「指さされて笑われるとこだったよ」と言われた。
なんていうか、この年末にやっと身の程を知ったというか少し天狗になっていたかもしれない自分に冷製パスタを頭からぶっ掛けてくれるような頭の冷える指摘だった。
印象深かった。


全国に飛んだ。
今年人生で初めて飛行機に乗った。
今年やっとまともにお金貰ってラップ出来るようになった。

今はまだ旬の枠というか、フリースタイルブームだしその辺呼んどこかーの枠で俺単体でライブも呼ばれてるけど来年はがっつりライブも精度をあげてライブDJ分も貰えるようにしていきたい。


バトルもたくさん出た。
出に出た。飽きる程出た。
というか途中何個かは飽きてた。
負けに負けた。
テレビも出た。
「いつもテレビで見てます」って声かけられる事が増えた。
「いつもはテレビ出てねーよ」と気の弱そうな奴には返していた。

でも次のステップに行きたいとずっと思いながらやってた。
そしたら先日、次のステップへのチケットの欠片が俺に渡された。


バトル、これのお陰で俺は浮かび上がった。感謝。
今年はあとAsOne。
e0271116_12381768.jpg
e0271116_12382100.jpg

TKとでます。TKとのコンビは互いの呼吸とか間とか俺が困った時に助太刀してくるTKの優しさとか解り合ってるタッグだと思ってます。
勝ち負けは正直どうでもいいんでジョイしてファニーなセッションやろうと思います。
混むんだろうなぁ。
AsOneが今年のマイク握る最後のステージです。

来年も年始早々からスケジュール埋まりました。

あ、大晦日はフリースタイルダンジョン特番やります。
感動したなぁ。


じゃあまた来年。
いや、今雑に今年を振り返ったので年内もう一回くらいランキング形式で2016年振り返ろうと思います。
では。
[PR]

# by kuchibuil4951 | 2016-12-22 12:31

戦極15章。

こんばんは。
毎日ブログ更新していたつもりだったけどまた少し期間が空きました。
でもブログを書いていなかったわけではなくて実は毎日書いていて、この前喧嘩になった近所の子供達と仲直りしたのでまたこのブログでアップしていないここ数日分を聞かせてあげてたんです。
そしたら子供が
「え、これってウケ狙って書いてるのー??」
って言ってきたからまたカッとなって取っ組み合いになってしまいました。

それなのでそのいざこざがあった期間のブログは一般公開せずに削除しました。


昨日は戦極MC BATTLE 15章でした。
場所は渋谷O-EAST。
今年俺は何度も言ってるんだけど(え、聞いたことないって?)バトルはよっぽどの事が無い限り全てエントリーしてきた。
その中でも、というか過去に出たバトルの中でも1番優勝するのが過酷なバトルが昨日の戦極だった。

ドターニャカウダーことドタマに負けた。
集中力が無かったのが敗因、というかバトルに向いてないのが敗因。
家族の話はもうやめようと思う。意外と母ちゃん色んなとこから俺の情報入ってるみたいだから。
母ちゃんに言うなよな。
e0271116_20552733.jpg


初戦の押忍マンvsKEN THE 390が激アツで開幕した。
すげーなーって。
この前崇勲大好きラッパーで皆でワイワイやってたのに。。。

そして、優勝候補最有力候補と言われていたGOLBYが会場をロシアくらい凍りつかせて敗退。

そしてバトルの優勝はGADORO。おめでとう、気合い充分でした。
e0271116_20553368.jpg



俺には勝ちの執念が足りなかった。
諸事情で全然お風呂に入れていなく着替えすら出来ていなかった俺は、コンビニでシャンプーとタオルとパンツ買ってO-EASTのシャワールームでバトルが始まる前に汚れた体を清めていたんだけど、買ったタオルが小さすぎて全然拭ききれなくて湯冷めして途中から頭が痛くなってきた時に「湯冷めしてるようじゃ勝てるわけないわ」
と悲しくなってました。
e0271116_20553742.jpg



でもなんだかんだ楽しかったです。
CHICO CARLITOのライブでTKと共に参加させてもらいました。
気持ち良かった。
バトルMCのちょっと早い忘年会みたいなお祭り感覚で。
とはいえ俺は交友関係広げたいタイプではなく極閉鎖的な人間なのでいつもの人達としか話してないけど。
気さくで優しいと思われがちだけど別にそうじゃないんだ。


ご来場のお客さんが1番疲れたと思います。みんな凄い。

吉田さん始め司会の八の文字お疲れ様でした。
BRAEK DJやMPCの方達も大変だったと思います。

今回の吉田さんはいつもの吉田さんと違った。
いつもは疲れて顔が白くなってて汗で髪がペタッとしちゃったりして顎が上がってるんだけど、今回は確かに顎が上がってるように見えたけど実はそれは胸を張っていた事に気付いた。
あの人程お客さんと演者に気を配れる人がいるのか。

素晴らしかったです。

そして俺はまた大きなバトルを終え、あといくつかのバトルを残すのみとなりました。
そこを終えたら次のステージに行きたい。
バトルではかなりいい景色見せてもらった。
上っ面のバチバチとか熱さとかのカウンター、アンチテーゼとしてバトルに臨んでたけどもう充分。
バトルを無くして居場所が無くなったらそれは俺がそこまでの男だったという話で。

小説書きます。


戦極は誘われれば出ます。勝ったらチャンピオンシップ出場ですみたいなのじゃなければ。
e0271116_20554131.jpg



バトル自体を批判したりバトルにしか興味ない人を批判したりとかくだらないと思ってる。
狭い世界の足の引っ張り合いは見てられないしそんなとこに居たくない。

バトルに魅力を感じたから今のお客さんもそこにいるのに。

自分の音源とかライブに興味を持たせられないのはお客さんのせいじゃなくて全部自分のせい。
フリースタイルブームに責任なんて1つもない。



ちょっと熱くなっちまったな。
とにかく昨日はそれくらい色んな事を考えさせられる意義のある景色を観ました。
楽しいからこそそこから離れたいと思った。
そんな一日でした。

[PR]

# by kuchibuil4951 | 2016-11-07 20:51