ラフでタフ~パターゴルフ編~

怒涛の三連チャンが終わった。

心身共に疲れ果てた。

次の2月で26歳になる男の体力では中々タフな日程だったよ。

順に追ってこうじゃないか、この三日間を。


まずは12月6日木曜日、渋谷はUNDERBAR。

パターゴルフ最終回メテオ引退スペシャルと銘打たれたこのイベントは、メテオくん主催のパーティー。

すげーメテオくんらしいなと感じさせるのが、開催日が平日木曜日のデイタイムという並大抵のアンテナ持ってるだけのやつじゃ気づかずに素通りしてしまうパーティーなところだ。

この時間帯は埼玉とかじゃ考えられない事なんだけど凄いよね、リハーサルとか平日の4時とかから始まるんだから。


それでも毎回それなりに人は来る。
そこがまた凄い。


そして今回もメテオ引退という本当か嘘か半信半疑で気が気でない面々が続々集結してきていた。
あんな人やこんな人、大体の人はメテオくんの元気そうな姿を確認して少し激励して帰っていったけど彼の存在のでかさを感じた。

e0271116_19321643.jpg

シークレットゲストにはサイプレス上野とロベルト吉野。
メテオくんと上野さんのトークショーも一時間くらいあって、内容は書かないけど色々あった。
ワンホースの音源が餌食になっていたという事だけは書いておこう。



本当にいい雰囲気だった。

みんなが嘘のない笑顔で笑ってた。

パーティーの内容は別にして雰囲気としては最高に楽しいパーティー。

俺はさりげなく一回目から全部出てるんだけど毎回楽しかったよ。

オムスビーツに払うギャラをメテオくんが持ってなくて何故か俺が代わりに払ったり、唐突に「千円くれないかな?」とか言われたり。


日本のラッパーで天才と呼ばれた人は何人もいたと思うけど、天才という言葉が当てはまるのはメテオくんだけだと俺は思う。
俺以外にもこう思ってる人は多いと思うな。


優し過ぎるんだろうな。

そしてパーティーは押しに押してというか謎にメテオくんとチャックモリスさんがフリートークを続け気づけば一時手前。

そこからは終電を逃した面々で打ち上げ。
e0271116_14151492.jpg


この決して楽しそうではない集合写真。

一体感こそ感じない集合写真だがこれが引退スペシャルなのである。


打ち上げには上野さん、チャックモリスさん、アヤパン、インダラくん、シャオくん、蝦夷、黄猿、シンサクくん、名前はわからない人と俺とヤーボとメテオくん。

俺は数時間後の仕事とその後の大脱走を考え適当なところで帰った。


まあ殆ど飲み食いしてないが1人三千円払った。
さすがパターゴルフだなと思った。


とりあえずメテオくんが元気に悪口言いまくってるのを見て安心したよ。


引退の真偽についてはまあ………。



最後にパターゴルフ今まで呼んでくれてありがとうございました。
[PR]

by kuchibuil4951 | 2012-12-10 19:00