戦極

俺はたいして政治を知らない。
いや全く知らないと言っても過言ではない。


俺はカレーの作り方を知らない。


俺は多分、世間の常識を半分も知らない。










でも俺は知っている。

MCバトルを愛しMCバトルに呪われる日本で唯一の男を。



e0271116_9575798.jpg

MC正社員。

MCバトルを愛し過ぎた男。
その過剰な愛故にプライドの高い天の邪鬼ラッパー達からは受け入れられず、忌み嫌われ、悪口を叩かれ貶され、Twitter上等でも相当量の批判を受け続けている。

そのせいで姿勢はどんどん猫背になっていき顔色も青白いところから更に変色し紫色に。
いつも批判を受けているので涙目が続き白目が全て赤くなってしまっている。

好きなはずのMCバトルのストレスで髪の毛は抜け落ち顔にシワも増えた。







もはや餓鬼である。


MCバトルが産んだ餓鬼である。


日曜日はそんな餓鬼ちゃんが主催する戦極MCバトルに行ってきた。

選抜で出ないか?という誘いは軽く前にあったのだが、その時はバトルに出る熱がアクエリアスぐらい冷めてしまっていたので断っていた。

だが1週間ほど前にちょっと思うところがあり、このままいったら俺は日常に流されてしまってラップをしなくなってしまうんじゃないかと思い、そう考えると色々と悔しい気持ちが込み上げてきて一般予選からエントリーする事で自分のケツを叩こうとした。


餓鬼ちゃんに一般予選のエントリーが間に合うか連絡をした。

ここでの餓鬼ちゃんとのやり取りは公開する事はできないのだが、言える範囲で言ってしまうと
突然のエントリーで、しかも正規の手続きを踏まずに直接餓鬼ちゃんに連絡してしまったことでの
・手間代
・エントリー手続きの諸経費
・折り返しの電話代
・戦極のTwitterアカウントで以前このブログを宣伝した事への広告料。

こみこみで48000円を払えという内容だった。



しっかりお支払いさせてもらいました。



一般予選はお客さんは入ってない?んだよね。
だけど凄い盛り上がってました。

戦極には何回か出たことあったけど一般予選は見たことなかったんでこんなに皆ハングリーなんだと思ってビックリしました。

個人的には一般予選の一回戦が楽しくラップできた。
二年前くらいにアンダーバーでのオヤス君とのバトル以来楽しいなと思いながらラップできました。


本戦ではウンコが竜巻の中に巻き込まれて一瞬で天高く消えていくかのように負けてしまいました。

この日は全部スカしてラップしようと思ってたんだけど謎に真面目にラップしてしまったのが敗因。

フセちゃんにこれで2戦2敗。
あまり同じ人に二回負けるって経験ないんだけど負けた。




そして悲劇は続きベースの外にいたら餓鬼ちゃんが近寄ってきて
「どうしてくれんすか?スークンに一万賭けてたんすよ」
と言ってきた。









プラス1万円餓鬼ちゃんに支払う形に。。



あとは殆ど見てません。フロアにもいませんでした。

でも大阪のKBD、黄猿、焚巻非常に印象的。

アンデルセンとかゆうま、GILIもかましてた印象。

でもまあ皆よかったと思います。



俺とたまちゃんはヤサグレにヤサグレていた。
ジオラマはヤサグレというか自己嫌悪に落ちかけていたが俺のポケットにあったドリンクチケットを渡すと笑顔で消えていった。



でも戦極はバトルだけじゃなくて今回は入り口付近の階段で、女の子を捕まえて
、手料理を食べさせてあげたいのは誰かとかディズニーランドに一緒に行くなら誰かとか中日ドラゴンズ戦を一緒に観戦するなら誰かとかを質問して、後ろを向いた男性陣の中から1人選んでもらうゲームがありました。

協力してくれた女の子達はプライバシーがあるから名前は公開できませんがありがとうございました。

正社員。。。




でなんだかんだしてたらバトルは鎮さんが優勝したようでした。

強い。



終わってからは大阪チームと渋谷で飲むという事で不眠状態だったのだが飲みに行きました。


大阪の人達と話したかったね。








そして朝、八文字とトボトボと帰りました。



あと戦慄時代に黄猿のサインを求める女の子に対して、冗談のつもりで絡んだら軽くあしらわれ、さらにそれを笑いになるかなとTwitterで呟いたらさらに
「Twitterにまで書く気持ち悪いおじさん」
になってしまった俺。

悪口言ってましたよと俺に言ってくる八文字。

悲しみの記憶が甦りました。
[PR]

by kuchibuil4951 | 2013-04-30 09:51