フリースタイルダンジョン(ネタバレ注意)

e0271116_12272368.jpg
昨夜まで3週に渡ってNAIKA MC、TKda黒ぶち、俺のパンチラインフェチズがチャレンジャーとしてフリースタイルダンジョンに出ておりました。
結果はラスボス般若さんに負けて敗退。
ダンジョン制覇ならず。

今回はTKから最初に誘われて。
俺とTKとあともう一人を誰にするかというところで、ほぼほぼ即答でナイカさんで行こうとTKと話して。
でナイカさんも二つ返事でOKくれてメンバーが決定した。

そしてその決まった時から俺が二人に言った作戦が、俺を1on1に出さないという作戦だった。
これがダンジョン攻略する上で1番可能性が高い戦略だと思った。


時を遡り1月下旬。
番組のチーム紹介のVTR撮影をTKの希望で足立の河川敷で撮影した。
全員のスケジュールを合わせて平日の夜に北千住の河川敷集合といういなたいギャングみたいな集まり方をした。
めちゃくちゃ寒い夜だった。番組スタッフさんの笑顔も全く笑えてなかった。
なんでこの河川敷なんだよというのが完全に表情に出てた。
そして事件は起こる。
TK的に川を渡る国道4号の橋の上で撮りたいというイメージがあったようだが、橋の上は車がビュンビュン通るから雑音が入り過ぎるという事で瞬殺でNG。
ただでさえ寒い日だったが輪をかけて凍てついた空気が走った。
結局橋から少し離れたどこにでもありそうな道端で撮った。
この一連の流れを後に
「だったら北千住じゃなくても良かったんちゃうん?事件」として俺は呼んでいる。
e0271116_12272499.jpg


そして本番の日。
楽屋入り。
ここからはネタバレになってしまうので言えないけど楽屋は和やかなムードで他の出演者達と共にかなり話が盛り上がっていてリラックスムードだった。

でも自分は緊張していないつもりだったが煙草を吸う本数がやたら増えていたのに気づいた。

いざ出番。

バトルの内容に関してはテレビでご覧の通り。

隠れモンスターがFORKさんだったという事以外は全部予想通り。
般若さんのとこまで到達するのは想定内。

事前の作戦は、最初の1on1にはナイカさん。2on2には俺とTK。そして4thバトルの1on1には指定さんが出て来るだろうというとこでそこにはTKはん。
で、最後の般若さんにはナイカさん。そう決めていた。
これが相手の裏をかく作戦。

でも迷いが生じる瞬間があった。
それはTKはんと指定さんのバトルを観ている時だった。
この指定さんとのバトルのTKが凄くて、まあいつも凄いんだけどこの日はTKの背中に赤く燃える巨大メガネ(レンズ度入り)がうっすらと俺の目には映ってて、この巨大メガネが見える日は何度もあるんだけど、その中でも印象的だった巨大メガネ陽炎が見えたのは2008年のUMB東京予選の般若vsTKの時。

あの時と同じ巨大メガネが見えて、俺は迷いが生じてしまって隣にいたナイカさんに
「指定さんに多分TK勝つけど、俺はこのまま次の般若さんもTKでいっちゃっていいかなぁと思ってるんだけど。。。」
と持ち掛けた。(自分は行く気無し)
するとナイカさんは
「いや、俺はもう般若さんに行く気だけど。」
と返して来たと同時に彼の方に目をやるとなんとナイカさんの背中にも青く燃える巨大メガネが浮かび上がっていた。

こっ、これは。。。

俺は自らを恥じた。
まるでナイカさんを信用していないような口振りをしてしまった自分を恥じた。
隣でこんなに大きい巨大メガネを浮かび上がらせているとは思わなんだ。


そして最終面のvs般若戦。

観てくれた人もわかってもらえると思うけど熱い戦いでした。

でも敗退は敗退。

水を差す言い方はしたくないのだけど、あの日終わってから皆が
「負けたけど良かった」とか
「勝ち負け以上のものがあったよ」とか言ってたんだけど俺はそうじゃなくて、この3人で出たなら絶対に制覇しなくてはいけないと思ってた。

前に俺が般若さんに生き恥を晒して負けた時はまあここまで来れたからいっか、と思っていた。

だけど今回は必ず100万獲らなくちゃいけないと思ってたし獲れると思っていた。
まあ俺が1on1に出ないからこんな勝手な事言ってると思われても仕方ないんだけどあまり心からスッキリはしていなかった。
そう思っている自分に気づいて少しは俺も見てるステージが高くなってるのかなと思った。


にしても最後のナイカさんのあの熱量のラップをして勝てないっていうのはもう尽くす手はないし般若さんてスゲーなって事で。
ナイカさん最後とんでもないプレッシャーだったと思うけどありがとう。

俺だったら途中でラップ止まって1発クリティカルで負けてたと思います。

というわけでこれにてパンチラインフェチズは終了です。
色々とありがとうございました。


終わった後に般若さんと話をする時間があって二人で話したんだけど、般若さん的には最後は俺が出て来ると思ってたらしく、裏をかいてもTKが来るという予想だったらしい。
ナイカさんが来るという予想は全くしていなかったらしい。
俺はバトルでは今回特に何もしてないけどこの作戦に関して般若さんからお褒めの言葉を貰えちゃいました。

ナイカさんはFORKさんと般若さんという二人と激闘を繰り広げかなり精神削られたと思います。
熱量の勝負になった時に、下手なディスを使わず真っ向から立ち向かっていけるMC。普段からよく喋る男。般若さんとあのステージ、あのプレッシャーの中、あのバトルが出来るのは凄い。
般若戦、FORK戦どっちとも最高の戦いでした。流石でした。

TKは、俺が「指定さんのところはTKが行くのがいいと思うんだけど」
と伝えたら
「大丈夫ですよ!絶対勝ちますよ!」
と即答してくれた。
そしてこれまた最高の戦い。
俺の中で、意味の通るフリースタイルをするラッパーランキングのトップ3に入る男。ダースさんとメテオくんとTK。
やはり春日部のエースは昔の小メガネだった頃から全く錆び付く事なく磨かれ続けていた。
いい仲間と共に戦えて誇りに思います。

ただ絶景は見れなかった。

やるべき事はまだまだあるという事でしょう。

とまあ他人事のようにつらつらと書かせてもらいました。
吉田村長を村祭りで胴上げする事は出来ませんでした。

ZEEBRAさん、UZIさん始め関係者の方々ありがとうございました。

[PR]

# by kuchibuil4951 | 2017-03-22 12:25

久しブリの照り焼き

3月になりましたね。少しずつ暖かい日も増えてきて春が気まぐれに顔を出してはヒョコッとまた隠れる。
まるで春とのかくれんぼのような日が続いてます。
俺はそんな春を見て見ぬふり、彼女はどうせ毎年かくれんぼに飽きて淋しくなって必ず姿を現す。
そうなった時に俺は見て見ぬふりをやめて素直になって会いに来てくれた彼女をギュッと抱き締める。

ブログの更新がかなり滞ってましたね。でも前回のブログ更新がまるで昨日の事のように思い出されます。
このブログを読んでる人はあまりいないと思ってたんですがここのところ立て続けに「ブログ更新しないのか」と意外な数の人間から声をかけてもらったので更新します。
今見返したら前回更新は1月の頭でした。

約2ヶ月。空いてました。


でもねぇ。言わせてもらうけどこっちも毎日暇してるわけじゃないんだよ。なんだかんだ毎日色々やってんだ。ただ毎日エクレア食ってから品川巻き食ってるわけじゃないんだ。
やらなくちゃいけない事たくさんあるから。



今年に入ってからはあちこち呼んでもらってあちこち飛んでます。
1月は九州ツアーで久留米、博多、熊本。このツアーに関しては色々ありすぎて書ききれないんだけども。
って書いてて思い出しました。九州ツアーのブログを書いていたんだけど長くなりすぎて無念したんだった。
博多のレイさん、いい意味で最高に馬鹿な大人でした。世話になりすぎた。
e0271116_10321654.jpg

沼津にも行った。終わった後の焼肉屋のマッキーさんがこの日のピークだった。
KMCのライブ観てたら泣きそうになった。
タナくん、マッキーさんには世話になりました。
e0271116_10321677.jpg

そして今月。
2月は個人的諸事情でライブを何本も受けられなくて断ってしまった方には申し訳ない事をしたんだけど、唯一ライブした週末。それが先週の18、19日

18日は高崎ROCのROC THE PARTY。
面子を見た瞬間から二日酔い。
でもリノさんやセロリさん、ハブさんらとフライヤーで横並びになる日が来るとは思ってなかったのでそこも感慨深かった。
で、高崎ではROCでのライブの前に夕方からお隣のFLEEZというライブハウスで"G-FREAK FACTORY×THA BLUE HERB"の対バンがあってそれをナイカさんやRさん、ガジさんと観てきた。

最初ナイカさん達とは、会場パンパンになって凄い事になるだろうからステージ袖から観ようって話をしてたんだけど、結局見とれてしまって最初から最後までフロアで久しぶりのTHA BLUE HERBを浴びてました。
あの人達のライブを初めて見た浦和で
「あ、凄い。俺ラップやめよ」って思わされた。自分がやってた事がおままごと過ぎて。
そしてそこから数年経ち今度は自分等がTHA BLUE HERBを浦和に呼んだ。そこで見たライブで背中を押された。

そこから更に数年。高崎FLEEZで見たTBHR(ここにきて略す)にまたも俺がやってるライブはまだまだだと思わされた。なんの距離も埋まってなかった。
これ1本で飯を食う事の過酷さとこれ1本で飯を食う覚悟を見た。

立て続けにG-FREAK FACTORY。地元の大声援を受けそれにしっかりと応えるライブ。凄まじかったな。
MCではTHA BLUE HERBへの愛を語る。めちゃくちゃリスペクトを感じた
G-FREAK FACTORYのもろホームでG-FREAK FACTORYが対バン相手のTBHRへのリスペクトを時間をかけて語る。
ああいうのが対バンの意味なのかなとか思いながら観てました。

凄い良き空間でした。
e0271116_10322068.jpg
e0271116_10322073.jpg
e0271116_10322309.jpg

そしてそこからは今度は高崎ROCに移動してROC THE PARTY。
博多からレイさんが来たりホルモン北野のGYP-Cさんが来たり高崎凄い夜でした。
俺のライブは最後にわかってねえなをやったんだけど、そこになんとその日デイタイムで渋谷でライブやってバトルやっての満身創痍状態の押忍のマンが終電で高崎にやってきてギリギリのタイミングで入ってきて一緒にわかってねえなやりました。
リノさんもやっぱラップかっこよすぎた。
痺れましたわ。
e0271116_10322491.jpg
e0271116_10353415.jpg
e0271116_10353978.jpg

あとは色々あってなんだかんだで気づいたら朝になってました。
バーカン付近でワキガの匂いで溢れていた時間帯もあったのだけどそれも春の訪れというか。あ、出会いと別れの季節がもうそこまで来てるんだなと感じました。

そして皆と別れの挨拶を特にするわけでもなく三々五々それぞれの場所へ帰っていきました。
やっぱり高崎は楽しいな。
皆さんお世話になりました。なんだかんだ朝7時までクラブいたし。

ホテルに戻り少しだけ寝て起きてシャワーを浴びて、リーズナブルホテル特有の全然泡立たないシャンプーとボディソープでこの夜を洗い流し、チェックアウトして次の街、金沢へ。

新幹線の車窓からの景色をおかずに駅弁を食べながら。長野に入ったところで外は真っ白な白銀世界。
埼玉にずっと住んでる俺は海と雪を見るとテンションが上がる。
雪と言えば中学生の時のとある日に大雪が降って、テンションがあがってとりあえず友達の家に行ってその家の庭で雪合戦をやってたんだけど、俺が固めに固めた雪を思いっきり助走つけて横を向いてる友達に向けて投げたら踏み込んだ左足が勢い良すぎて雪で隠れていた汚水槽の錆びた鉄の板を突き破って俺は汚水槽の中に落ちていった。

「あ、死んだ。」と思った。
汚水で溺れかけた。
友達からのアングルだと、振り返る前まではいたはずの俺が一瞬の間に居なくなったから驚いたらしい。
そしてなんだかんだ救出してもらって俺は汚水まみれになって家に帰った。

そんな俺の雪の思い出。

金沢到着。
金沢の仕掛人CARRECさんが迎えに来てくれてホテルチェックインしてからすぐリハーサル。
今回はCARRECさんとのタッグ。
この日は2月19日。
個人的なあれなんだけど俺の姉ちゃんの命日。
なのでライブでやるのは自分のリリパ以来2度目のニュートンをやりました。
テンション上がる曲ではないし重い空気になるかなと思ったけどやってよかったと思えました。
ライブもバッチリやりやすくて音も良かったす。

バトルも金沢は黒いラップする人が多かった。
楽屋から聞いてたけど、俺の好みのタイプの人はほとんど1、2回戦で負けていってた。
e0271116_10353883.jpg

イベント終わってからは物販に立ったりしてた。

そしてそこからは打ち上げ行って魚食ってホテル戻った。
ペイチャンネルが見れない事件っていうのがあったんだけどこれはまたそのうちクローズアップして特集組みます。

翌日はCARRECさんと金沢で昼飯。
高崎でBOSSさんに会ったときに
「金沢行ったら宇宙軒行けば間違いないよ、俺金沢はあそこしか行かないもん」
と勧めてくれたのでノリノリで向かったら丁度その日、2月20日から2週間改装工事で休業に入っていた。
中を覗いたら完全に厨房から何からビニールシートで養生してあった。

あ、俺持ってるな。と思った。
でもそこから洋食オーツカのハントンライス、まじ美味かったです。
ニューエラ行ったら帽子をプレゼントしてくれたりした。
e0271116_10354012.jpg

あとはスタジオに行ってもCARRECビーツでKENTくんとその場で1バースづつ書いてRECしたり寿司食ったり、のんびり過ごして帰ってきました。

俺は新幹線に乗った時、シートを倒す際は後ろの席の人に
「倒しますね。」と一言入れてから倒すんだけど、その金沢駅で自分の座る席の後ろにいたメガネをかけた女性にいつも通り
「シート倒しますね。」
と一言入れると、その女性はターザン後藤みたいに眉間にシワを寄せ
「は?」
と返してきた。
俺はもう一度
「あ、いや、シート倒しますね。」
と返した。
彼女は
「あぁ、うん、はい。」
と。

新幹線で、くそメス赤トンボ人面ヘルペスちゃんに最後に出会えた。



楽しい2日間、高崎、金沢両日お世話になりました。


そして3月は本当に色んな意味で色々出ますがそれはもう今日ここで書くのは疲れたのでまた後日。
[PR]

# by kuchibuil4951 | 2017-03-01 10:24

KOK終了

KOKが終了。
終わりました。輪入道に負けました。

前回優勝してから1月8日輪入道に負ける瞬間まで自分では気付いていなかった重圧みたいなものが肩に乗っかっていた事に気づいた。
負けが決まった瞬間に肩の荷がスーッと降りてめちゃくちゃ爽快で、あれ?12時間寝たのかなくらいスッキリしていた。
正直俺はヒップホップシーンとかリアルとかバトルシーンとか全く興味なかったし、俺は俺と思って自由にやってきたつもりだったけど実は勝手に何かを背負っていた。

ツイッターとかでフリースタイルブームとかを腐す関係者多かったけど、そういうのも「自分がリアルと思うなら自分がやるべき事やってりゃいいのになー。恥ずかしくないのかな。」と冷めて見ていた。

俺自身はそのいわゆるフリースタイルブームやヒップホップシーンとは関係なく、自分はそこから離れたとこにいる存在だと自覚していたはずだった。

でも負けた瞬間にそうじゃない事がわかった。
勝手にそれは背中に乗っていた。
俺は渦中にいた。

でもそれも消えてなくなった。





1月8日11時、俺は三郷にある湯けむり横丁にいた。
ゆっくり露天風呂に浸かっていた。
そして風呂から上がった俺は体重計に乗り、年末かかったノロウイルス前よりまだ4キロ痩せている事に安堵していた。
そしてドライヤーで念入りに髪を乾かした。
俺は坊主だけどドライヤーで乾かさないとすぐに頭が痛くなるデリケートヘッドだからだ。

それから湯けむり横丁で昼飯を食べた。
よし、ゲンでも担いでトンカツを食べよう!と思ったがメニューを見てたら納豆とネギトロとトロロとオクラが入った彩り丼みたいなのに心を奪われそれを注文し、丼にネギトロが入っているにも関わらずネギトロ軍艦を頼んだ。

ネギトロが乗った丼とネギトロ軍艦がテーブルに運ばれてきてその光景を見たときに「今日の俺は冷静じゃないな」と感じた。


昼食も終わり和室の休憩スペースでほんの少しだけ睡眠を取った。
大体13時。
友人から連絡があり車で行くから乗せてってやるよとの事で合流し有明へ。

俺の入り時間は15時だったが13時40分頃には有明に着いていた。

会場入りした。



死ぬほど暇だった。


そして15時を過ぎて続々とエントリーMCが集まってきて対戦カードの発表や動線の確認等を行った。

楽屋は和やかなムードだった。
呂布くんが名古屋だから和やかだったのかな。

バトル開始直前。
腹が痛くなりトイレへ。
用を済ませトイレのドアを開けると思いっきり上野さんが順番待ちしていた。
オイニー問題があったので少し気まずかったから多少上野さんと会話して時間を稼いだ。
このオイニーをバトルで当たった時に言われたら堪らないなと思って。


そしてバトルスタート。
会場も盛り上がってる。

1回戦がどんどん進み自分の1回戦も終わり楽屋に戻る。
気づく。
1回戦ほぼこっちの楽屋のMCが勝っていた。
ACEやガドロ、呂布くんに裂固、輪入道に俺。
何故か楽屋対抗戦のように俺は同楽屋のMCを無意識に応援するという謎のメンタリティを出していた。

少しづつこちらの楽屋もピリつき始める。同楽屋での潰し合いが始まるからだ。

結果ベスト4に残ったのは同楽屋のACE、ガドロ、輪入道、俺。

そして俺の準決勝。
相手はこの日1回戦から勢いが凄かった輪入道。

俺は1、2回戦共に正直勝ちにスッキリしていなくてモヤモヤしていた。

準決勝、ACE対ガドロを舞台裏から聴く。
ガドロが勝った。ACEも全然良かった。

そして俺と輪入道。
ステージに上がった瞬間、スイッチが入った感じがした。
もしかしたら今日もいけるかも知れないと。
輪入道の土俵で仕掛けてみた。
結果。。。








負けたーーーーーーーーー!!完封負けーーーーーーーーーーー!!!誰も俺に旗上げないーーーーーーーーーー!!!!旗の色綺麗に真っ青ーーーーーーーーーーーー!!!!
今日もいけるかもって思ってたメンタリティ恥ずかしいーーーーーーーー!!!!!


ということで輪入道に打ちのめされました。
でもめちゃくちゃ気持ちのいい負け方だったので何の悔しさも無くステージ降りる事出来ました。
e0271116_11531305.jpg


そして決勝ではさらにその輪入道を破ったドロッチことガドロが優勝。
おめでとう!!

楽屋では結構天然出してたけどステージ上のガドロは勝者のオーラ出てました。


これで俺のKOKが終わりました。ありがとうございました。

応援に来てくれた地元の先輩や友達、後輩、大脱走のメンバー(TKは来ず)や支えになってくれた人達、すいませんでしたとありがとうございました。

地元の奴等には終わってからメシ食いながら散々な駄目出しくらってたけど負けて2時間後には笑い話に変わってました。


これからはバトルは少し選んで出て行きます。
バトルに勝ってバトルに呼ばれるっていう流れからは身を引きたいなと思ってます。
戦極の吉田さんと俺には明確な主従関係があるので戦極には呼ばれれば出ます。
他は考えます。


KOKに前回勝ってやっとスタート地点に立ったなという感覚で色んな仕事振って貰って忙しくなって、更には9sariから推薦でダンジョンにも出れてそこから更に忙しくなってCDも当初の予定から10倍近く売れて、本当にいい経験させてもらいました。
感謝です。
漢さんダースさん、三浦ちゃん、ワタナベ君等関係者の皆さんありがとうございました。

思えば前回優勝した時は、北関東予選前にダースさんから「エントリーしなよ!そろそろ自分変えなきゃ!」みたいな誘いがあってエントリーしたのを思い出します。感謝です。

そしてお疲れ様でした。



全国あちこちにライブやら何やらで呼んで貰った。でもやっぱり感じたのは呼んでくれるのはフリースタイルブームの中にいる人だから呼ばれてるっていう感覚が現地に行くと強かったです。
俺のCDとか聴いてくれてとかで呼ばれてないなと感じる事も多かったから、今年からは制作とライブの質を上げてしっかりと崇勲のライブが見たいと思わせて呼んで貰えるように精進していきます。


そしてそして今週は待ちに待った九州3連チャン。

13日 久留米FLAVOR
14日 博多VOODOO LOUNGE
15日 熊本TE:D

チコとナイカとワットワンと俺で向かいます。
その翌週はナイカと沼津。

是非来てね。
e0271116_11531744.jpg
e0271116_11532187.jpg
e0271116_11532260.jpg
e0271116_11532536.jpg
e0271116_11532741.jpg

[PR]

# by kuchibuil4951 | 2017-01-10 11:47

NAIKA MCおめでとうございます

2017年になりましたね。
喪中の時って挨拶していいのかどうかわからないのでとりあえずはやめときます。

本当はブログなんて1月末くらいに書けばいいと思ってたんだけど、2016年末の年末、最後の最後に素晴らしい情報が飛び込んできたので。
あとは近所の小学生の子供達が昨夜急にウチのピンポンを鳴らしてきて玄関先で話してたんだけど
「お前何で昔からの友達がやっとの思いでUMB優勝したってのにブログ書かねーんだよ、ひと言でいいから祝ってやれよ」
とか言われて
「いや、TwitterとかInstagramで祝ったよ。」
って返したんだけど
「TwitterとかInstagramで本人宛にするわけでもなく自己完結で祝福とか呟いてるやつってのはなぁ自分に酔ってる自意識過剰野郎だけなんだよ!わかる?なんかいい人ぶって“ナイカおめでとう、やっとだね”とか投稿してる奴ってのは“仲間の幸せを妬み僻みなく素直にお祝い出来る俺ってどうよ?”って心理の現れ以外の何ものでもないんだよ。Twitterで“○○さん、お誕生日おめでとうございます!”とか呟く奴と一緒、本人に直接言わないで独り言のように呟いて満足してるなんてのは自己陶酔型ナルシストパッパラパーの典型だよ」
と言われとりあえず皆で公園に移動した。
言われた事に心当たりもあったので少し反省もしたんだけど冒頭に“お前”って言われたのが頭に来て取っ組み合いの喧嘩になってしまって本当は昨日ブログアップしようと思ってたんだけど俺の右目が開かないくらい腫れ上がってしまっていたので今日になってしまいました。
すみませんでした。

あ、あと正月暇なんで。


UMBでNAIKA MCが優勝。
凄いですね。
俺も観に行こうかなと思ったんだけどその前の日から家に帰ってなくて服もパンツも替えてないしお風呂も入りたかったのと、AsOneで会えるからいいだろうという気持ちとでそっちは無念し家に一旦帰った。

にしてもあがりました。

お風呂に草津温泉の入浴剤入れてゆっくり浸かってから出たところで携帯にチコから着信が入っててかけ直してみたら「ナイカさん優勝したっすよ」って言われた。
嬉しかったねぇ。
e0271116_10261770.jpg

(左:俺 中央:ナイカ 右:この日の山人音楽祭の為にわざわざ群馬まで観に来てくれた練馬在住の方)
俺がナイカさんを初めて見たのは約10年前の春日部INGという箱で。
俺は第三の唇というクルーで出てて彼はその日のゲストライブ。
とにかくライブが格好いい人だなぁという印象だった。
その頃はまだ今のように会話をする事も無かった。
それからまたしばらくしてからUMB2009のリベンジの時に再会したんだけど、そのリベンジがオープンする直前に箱の前でなんとなくダベっていた面子が何故か北関東の面子で。
俺とTKとハッピーライフドタマホームことドタマとガッティ、そしてナイカさん。
偶然そのメンバーで話していて。
俺はその時はまだナイカさんは寡黙でクールな人間というイメージを持っていたんだけど彼はその輪の中心でずっと、長野にライブしに行ったんだけど慌てて家を出てきたから履いていった靴が右足と左足で全然色違いのものを履いていってしまって恥ずかしい思いをしたというのを嬉嬉として話していた。

よく喋る人だなぁと思った。

その姿を見て彼へのイメージがガラッと変わった。人間味のある人なんだなぁと。俺は昔からなんだけどラッパーラッパーした人が苦手で、クールぶった人とか全然駄目で。
今もそうなんだけど。
ヒップホップの事しか話せない人とか苦手で。
だからクラブも未だに苦手で。
まあいいかその辺は。


でもその日で凄い彼を好きになった。
仲良くなって群馬に呼んでもらう事になって。
TKがその頃からずっと俺にしきりに
「高崎行くと面白いですよ、帰りたくなくなるんですよ」って言ってて。

2009年。初めての高崎。TKと呼んで貰ったんだけどTKが言ってた意味がその初めての高崎の一晩で理解出来た。

ナイカさんを築いた土壌である群馬のシーン自体が温かくて人間味ある人達ばかりだった。

凄いその群馬の一体感を羨ましく感じたのを思い出す。
俺は春日部で活動してて、春日部は埼玉なんだけど実際俺は埼玉のシーンという枠の中では活動出来ていなかったし繋がりも全くと言っていいほどになかった。
俺が埼玉レペゼンと言わずに春日部レペゼンとしか言わない理由はそこなんだけどナイカMCは完全に群馬をレペゼンしていた。
全員が全員群馬を盛り上げようという意識が無意識に出ていた。

だから彼が数年前UMBの全国に出始めてから群馬のシーン全体が彼を純粋に応援している光景も羨ましかった。

俺とは全然違った。

でもそれが彼が長年築いてきたものである。


彼の優勝は群馬のシーンの優勝でもあると思います。
全国各地のバトルに単身群馬から戦い続けた男の執念は素晴らしい。

前回のチコは超新星みたいな空気というか新たなスターが勝ち取るっていうまあ美しいストーリーというか。
今回のナイカさんは長年背負ってきたものの大きさで勝負していく泥臭いストーリー。
俺がKOK獲った時はチコと同じ超新星枠。


とにかくおめでとうございます。
同い年で続けてる数少ないMCの一人。
という俺にとっては数少ない友達の一人。

やっときましたという感じで本当に祝福出来る人が優勝してくれた。


ナイカさん、群馬の皆さんおめでとうございます。

2017年1月はそんなナイカさんと4箇所ライブ一緒です。
面白くなるはず。

UMB後のAsOneではそんなナイカさんとドタマンハッタンことドタマと決勝で当たりました。
今回のAsOneは緩くやろうと思ってたけど結局熱が入っちゃいました。

UMB全国を制して最高の空気を纏い、会場的にも圧倒的に後押しのムードを背中にしたナイカさん達を倒し俺とTKが優勝しました。

AsOneもお祭りで楽しかったです。
去年末のAsOneは出れなかったんだけど。

2014年末の優勝以来2回目のAsOne優勝。
春日部ヘラクレス。
AsOneは勝ち負け意識したことあまり無いんだけどTKと組めばあまり負けると思わない。
でもいい年末でした。
ナイカさんが獲った日に俺達も獲る。
e0271116_10262091.jpg
e0271116_10262316.jpg
e0271116_10262829.jpg

そして前回の春日部ヘラクレス優勝の時もそうだったけど春日部ヘラクレス優勝しても圧倒的に誰にも祝福されないという。冷製パスタみたいにみんな冷たかったなぁ。
まあ交友関係の狭い私のせいでしょう。
上等上等。

太華さんシャーリーさんたかこりん、ホタカくん始め皆さんお世話になりました。
PAのナオミさんも久しぶりに会った。
BOSSさんも来てくれるのかなと思ったけどどうやら面子を見て危ない事になると感じて来るのをやめたって言ってました。

日比谷観に行く。

あ、あと大晦日の口迫歌合戦観てくれた人ありがとうございました。
あの日はドタマの勝利への執念の為にも勝たせてあげたかった。
彼と事前に電話で話して色々語ったんだけど。
放送はまだ観れてないんだけどトリのバトルは興奮しました。あんなに人のバトル応援したの初めてだった。
楽しかったね。
俺はノロウイルス治りかけで体力があの日キツかったんだけど。
お祭りでした。
e0271116_10263074.jpg
(スクショして送ってくれた写真)




そしてそしてそして最後にナイカさん改めて優勝おめでとうございます。

年始めのライブは1月5日新宿タワーレコードにて21時からチコとTKと俺のインストアライブから始まります。
無料なので是非観に来て下さい。
[PR]

# by kuchibuil4951 | 2017-01-02 10:11

2016年振り返り思い出ランキング

今年も色々あって今までより色んな場所に行って色んな人に会って色んな感情が心を彩った1年。
そんな2016年を振り返り思い出ランキングとして発表していく。

第10位
戦極で島根に行くことになったが、飛行機の時間の都合上羽田空港付近で前泊しないといけない状況になり吉田さんと八文字と前泊したホテルでツイキャスをした事件。

第9位
戦極で島根に行き、イベント後吉田さんと八文字と飲みに行こうとしたら大雨過ぎてホテルの横の居酒屋で軽く飲んだだけで、しかもそんな飲んでない吉田さんがちょっと頭痛いみたいな事言い出して結局ホテルに戻ってツイキャスをした事件。

第8位
フリースタイルダンジョンで隠れモンスターとして出た回、ダースさんとの試合で俺が「ミラーボール」というワードを出してしまいその時上を見たらミラーボールが無かったので慌てて「ミラーボールは無いとか突っ込むなよ」とラップしたのだが、バトルが終わりステージ照明が少し落ちてから上を見たらでっかいミラーボールが普通にあった事件。なんなら北半球で1番デカいんじゃないかってくらいのミラーボールが付いていて2度恥ずかしくなった事件。

第8位
NAIKA MCの「パーティー等でその日初めて会った時のKBD」の物真似が激似過ぎた事件。高崎駅付近でこの物真似を見たが大阪までの新幹線で4度は思い出し笑いした事件。

第7位
宮崎に行った時におぐらのチキン南蛮にぶーちゃんに連れていって貰ってダースさんと3人で食べてたら奥の方の席の男性が一眼レフカメラをこちらに向けていると思い「パパラッチですか。。。やれやれ。。。」と苦笑いしていたら全然俺の勘違いだった事件。普通にスルーされた事件。

第6位
夏に宇都宮のSIGNALというパーティーに呼んで貰った時、オーナーさんの部屋でオーナーさんが大量の餃子を買ってくれて食べていたんだけどその時一緒のゲストだったDOTAMAは1個くらい食べてすぐ部屋を出て行ってしまい俺はその分大量に食べまくってライブやる頃にはビッグゲロを吐きそうな状態だった事件。

第5位
ガジさんのおもてなしが凄すぎる事件。宇都宮の翌日が桐生でのイベントだったので前泊でガジさん宅に泊めてもらう事になったのだがお出迎えから美味い飯から接待麻雀からさらには家に着いたら俺用の布団までガッチリ敷いてあって朝飯までご馳走になる事件。

第4位
母親から「あんたのセカンドアルバム何枚か頂戴」とメールがきた事件。まず俺はセカンドアルバム出してないし、母親もセカンドアルバムってワードを人生で初めて使ったと思われる事件。

第3位
会津若松にライブに向かった際、DJミカーフィと車で行ったがミカーフィがTSUTAYAで借りてきたというJ-POP MIXのCD(2枚組)を聴いていたら、確かにヒット曲はたくさん流れてきているのだが歌ってる人が全然ご本人じゃなくて違う人が全曲歌ってるMIXだった事件。

第2位
先日行った大阪美原JOINTの楽屋が30畳くらいの馬鹿デカい和室で有意義過ぎた事件。

第1位
山人音楽祭という群馬のデカいロックフェスで山人バトルに出たのだが1回戦で上野さんに負けたのに何故か結果準優勝になっていた事件。GOLBYは4位。出演者専用フードコートなんかもあって凄かった事件。ライムスターと初対面。
e0271116_13305136.jpg
e0271116_13305372.jpg
e0271116_13305605.jpg
e0271116_13310142.jpg
e0271116_13310307.jpg
e0271116_13310682.jpg
e0271116_13310992.jpg
e0271116_13311328.jpg



あとは次点で
吉田さんとのメールの頻度が増えた事件。ってのがありました。

あとは感謝ランキング1位は宮崎で飛行機の時間に間に合いそうもない我々を拾ってわざわざ空港まで送ってくれたカップルの方。俺が携帯ナビで道案内してたら空港の裏側の資材置き場みたいな所に着いて車内の空気が冷製パスタみたいになったこと。いい思い出です。


皆さんまた来年も宜しくお願いします。
[PR]

# by kuchibuil4951 | 2016-12-23 13:21